てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS よくぞ決断してくれた クロネコヤマト

<<   作成日時 : 2017/04/07 14:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヤマト運輸がAmazonの当日配送サービスから撤退へと進んでいることを知って、私はクロネコヤマトはよくぞ決断してくれたと感じました。
アマゾン社の過剰な要求はドライバーの労働環境を悪化させただけでなく、他の重要かつ必ず届けなければならない荷物の配達までも妨げてしまったと感じました。

>ヤマト運輸が従業員の過労を理由に当日配送から撤退する事に関してはネット上では好意的な意見が極めて多くなっています。「過剰サービスだったし止めて正解」「そこまで急ぎなら自分で買いに行けばいい」「この調子で年末年始も休んだらいい」など、「お客様は神様」視点でのサービス提供を疑問視する声も多く、現場の従業員を気遣う声も多数聞かれます。
この声を聞いてクロネコヤマトドライバーは不満をこぼしながらも、よく我慢してくれた、そしてお客さんである私達も無茶な要求をするのはやめようという気持が出てきたと感じました。
http://news.livedoor.com/article/detail/12903086/
ヤマト運輸がAmazonの当日配送撤退を目指す ネットでは称賛の声  BUZZAP! より一部引用しました)

■ヤマト運輸、Amazonの当日配送から撤退へ
(BIGLOBEニュース - 04月07日 10:10)

ヤマト運輸が、ネット通販・Amazonの当日配送サービスからの撤退を検討していることがわかった。日本経済新聞が7日に報じた。


日本経済新聞によると、ヤマト運輸はAmazonの当日配送サービスによって夜間の配達が増え、従業員の負担が増加。既にAmazonに対して当日配送の受託縮小を要請しており、将来はなくす方針だという。Amazonは、ヤマト運輸の使用を徐々に減らし、日本郵便を増やすとしている。


宅配便市場は、Amazonを筆頭にネット通販の拡大によって配達の物量が増加する一方、労働人口の減少などによって労働需給は逼迫。ドライバーの疲弊なども多く伝えられている。ヤマト運輸は、社員の休憩時間の確保など労働環境を見直すため、24日からは宅急便の再配達受付の時間を短縮、6月には12時から14時の時間帯指定を廃止する。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
よくぞ決断してくれた クロネコヤマト てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる