てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 「共謀罪(テロ等準備罪)」導入阻止を目指す民進党の醜態

<<   作成日時 : 2017/04/07 14:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

法務省が提出している「共謀罪(テロ等準備罪)」を民進党は制定阻止しようとしていますが、その言動がひどいと感じました。
共謀罪の審議に関して、「審議の順番が違う」などと意味不明な言い訳を行ったり、金田法務大臣の答弁が二転三転していることに目をつけて、「そもそも法案を理解していない」とみて、民進党議員が国会審議で立往生する場面を見せて辞任を要求するなどしています。
「共謀罪(テロ等準備罪)」導入を阻止しようとして、難癖をつけ、まともな議論を行わない民進党の態度は政党以前の問題だと感じました・・・

「共謀罪(テロ等準備罪)」導入阻止を目指す民進党の態度についての反応は次のとおりです

>民進党の御用聞きの記者が書くとこんな風になるんだな

>「サボると信用も信頼も失うっていう子供への反面教師にはピッタリ 」

>「審議拒否の名目のためを半ば公言しながら、性犯罪を先にやれと
それこそフェミ団体は利用されてるんだから叩くべき案件じゃないの 」

おいNHK!なにが審議拒否だよ!ただのサボタージュだろこれ!国民舐めんなよ!

>負けちゃうからこんなことしか出来んのよな
着実に一歩ずつ基礎から固めてきてたらこんなことにはなってないだろうが
理屈が正しいからってだけでゴリ押ししてきたからこんなことになる・・・
そこら辺の中学生の方がまだ真面目にやる事やってるよね…

>くだらない団体
もはや政党ですらないわ
自分はサボって真面目に働いてる人に文句付けるだけのお仕事
よくわからんけど
また民進党が足を引っ張ってる事だけはわかったわ

>こんな奴らが道義的責任とか言ってるんだね
共産は一応でてるのにな きちってるけど
 (政治部・村上祐子記者報告)

“共謀罪”あす審議入りも…民進欠席で攻防激化(2017/04/05 11:51)

 法務省が提出している3本の法案。与党は民法改正案を今週中に委員会採決するのと前後して、6日にいわゆる「共謀罪」「テロ等準備罪」を新設する法案の審議に入る方針です。
これに対して野党は、性犯罪の厳罰化を盛り込んだ刑法改正案を先に審議すべきだと主張し、入り口の段階から攻防が激化しています。
 現在、法務委員会では民法改正案の審議が行われていますが、民進党は「審議の順番が違う」と欠席して審議拒否しています。
政権を追い込みたい野党側は、共謀罪法案を最大の攻めどころとみています。
そのためには、野党も成立に賛成している刑法改正案を後回しにされて「人質」にとられないようにしたいのです。
それでも共謀罪法案の審議入りを与党が強行した場合、野党は5日のように審議拒否はしない方針です。
金田法務大臣の答弁がこれまでも二転三転しているため、「そもそも法案を理解していない」とみて、国会審議で立往生する場面を見せて辞任を要求していく考えです。
野党側は共謀罪法案の廃案を目指しますが、テロ対策の重要性やその後に控える刑法改正案の必要性を感じながら難しい審議を迫られます。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000097955.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「共謀罪(テロ等準備罪)」導入阻止を目指す民進党の醜態 てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる