アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「天皇・皇室」のブログ記事

みんなの「天皇・皇室」ブログ

タイトル 日 時
日本人の心を考えてみる
日本人はどこで道を間違えてしまったのでしょうか。 そして、今後その間違いを自覚し、軌道修正することができるのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/17 15:44
陛下が望む仕事だけでいいんだ。
拝謁などは、皇太子に全て任せていい。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/10 08:37
天皇退位を示唆する報道が出てくるのは
「天皇陛下は平成30年で退位」「秋篠宮邸に転居」という風に天皇退位を示唆する報道が出てくるのは、中国共産党の工作を受けたマスコミ、学者、知識人の扇動であり、中国は天皇陛下を亡きものにせんと本気で考え、行動していると感じました。 そしてその後釜に中国共産党による我が国への支配を目論んでいると感じました。「天皇制廃止」を本気で願ったマスコミ、学者、知識人は大喜びでしょうがしかし、中国共産党による我が国支配が始まれば彼らは「用済み」として粛清される運命でしょう。 また平成は30年までと言っています... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/27 05:57
マスコミが仕掛けた「天皇陛下譲位」を阻止せよ
政府は2019年1月1日に皇太子さまが天皇に即位し、同日から「平成」に代わる新しい元号とする検討に入ったと報道されたが、平成31年元日と言う譲位日程も、政府からも有識者会議からもそんな話は出ておらず、マスコミが完全に既成事実化に向かって、暴走しているという話もあり、この時に何故かジャーナリストの大谷昭宏が日本は象徴天皇制なんだから、憲法第一条に表記されている以上、こうした議論の場所を常に設けて無視してはいけないと述べたが、大谷氏は実は「象徴天皇制廃止」論者で、かつて「私はこれ(天皇制)があること... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/13 05:09
日本は「学び」はしても『独立国家』だった!
「祝典行進曲」 http://m.youtube.com/watch?v=bLY4FHqsdoM&client=mv-google&guid=&hl=ja&gl=JP [「紀元節」と「建國」「皇國」史観と「尊皇」思想要諦] 「推古天皇十五年(六○七),わが國は隋に使者を遣した.『日本書記』には,「大礼小野妹子を大唐に遣はす」とある.これに対応する『随書倭國傳』の文には,「其の國書に曰く,『日出づる処の天子,書を日没する処の天子に致す.恙無きや云々』と.帝これをみて悦ばず.鴻臚卿に謂っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/21 06:33
講演「日本の国柄と天皇の役割」の概要3
●日本再建のための憲法改正を ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/21 06:55
講演「日本の国柄と天皇の役割」の概要2
講演「日本の国柄と天皇の役割」の概要2 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/11 17:22
講演「日本の国柄と天皇の役割」の概要1
三笠宮殿下の薨去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/07 05:35
「僕、私の幸せを願ってくれる人はひとりもいない」 それが絶対ない国 日本
大晦日から元旦にかけ、天皇陛下が何をされていらっしゃっるのか ご存知ですか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/31 19:30
日本が再び天皇統治国家に
我が国が天皇統治国家になれば、「大日本帝国」の復活につながると思いのお方もいますが、我が国がほんとうの意味での「立憲君主制国家」、「主権国家」になることを願ってやみません・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/03 23:15
憲法9条ではなく憲法1条こそ大事だ!!
第1条 (天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。)天皇陛下を我が国と国民のシンボルとして扱いになられることこそ、憲法9条の「不戦」「平和」で我が国や国民が骨抜きになることよりも遥かに有益であると感じました・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/11 20:23
どうせ福島のことを思うならば
宮内庁は27日、東京電力福島第1原発の事故後、福島県広野町で初めて収穫されたコシヒカリの新米が同庁に提供され、天皇陛下のご希望で、お住まいの皇居・御所に一部をお届けしたと発表したのですがそれは宮内庁に福島のお米が届いたことを知った天皇陛下が「苦労されて作ったお米であろうから、自分たちも少しいただこうか」とお望みになられたことによるものでした。 そのことは天皇陛下が真に福島やそこで暮らす住民のことをお思いになられていることの証左であり、決して題目だけの「反原発」や「子供を救え」というものではあり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/01 19:12
たとえ山本太郎のような「反日議員」を殺しても
たとえ山本太郎のような我が国の利益を損ねる「反日議員」を殺しても同情が沸き起こるだけで逆に効果がないであろう。大事なことは「反日行為」を行った議員が直ちに罰せられ速やかに議員の辞職ができるシステムを整備することが求められる。今の政府・与党にはこれこそ実行すべきである。 ただ、山本太郎の支持団体ならこのような「弾丸入り封筒」を送った輩を粛清することだってありうるのに。。。しかし山本太郎の支持団体、または反対団体によるテロ行為を放置(または意図的に国家権力・公安が「泳がせることを行うこと」)しては... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/21 16:36
「天皇」ってなぁに?
「天皇」ってなぁに? うーーーん。 ざっくり言うと 日本神道の総本家みたいなもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/16 13:42
天皇陛下のお心遣い 山本太郎とその支持者はどう捉えるのか?
秋の園遊会で山本太郎が天皇陛下に「直訴」した件で、刃物が入った封筒が同議員宛てに届いたとの新聞記事を見た陛下が心配されていましたが山本太郎とその支持者はどう捉えるのか、それが気になりました。私自身は山本太郎が天皇陛下のお心遣いを受け取って改心してほしいと感じました。 天皇陛下を真にお思いになる方なら自分自身を恥じてその後の言動を慎むべきだと感じましたがしかし、「反原発」にとらわれてしまっている山本太郎ならそうはいかず逆に舞い上がってしまうのではなかろうか、またその支持者は支持者で逆に「天皇(陛... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/15 12:07
山本太郎が天皇陛下に渡した手紙なんか
秋の園遊会で山本太郎参院議員が天皇陛下に手紙を手渡したが事務方で預かった件で山本太郎が天皇陛下に渡した手紙なんか天皇陛下にお見せなくても良かったと思う。 それは何度も天皇陛下が福島始め被災地をご訪問され、被災者の気持ちを十分に理解されていると思われるし、たとえ東北や住民が東日本大震災で筆舌に尽くし難い被害を受けても必ず立ち直ると陛下はお思いになられているはずだと感じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/06 11:00
たとえ山本太郎の手紙が「デマ」であっても
たとえ山本太郎の手紙が「デマ」であっても 先日天皇陛下に手渡された山本太郎の手紙がネット上で広がっている件で、もしこの手紙が「デマ」ならば山本太郎はその原文を公表する必要があると感じました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/04 02:44
山本太郎に対する「懲罰」は「懲罰」でも
山本太郎が天皇陛下に「直訴」した件で日ごろ彼を支持している左翼及び反原発派は彼に失望の声をツイッター上で発していますが彼のバックに居ると思われる勢力がどのような対応を取るのか気になりました。その勢力は中核派に代表される極左勢力ですがその勢力は「反天皇」を標ぼうし、天皇陛下及びご皇族を敵視しています。山本太郎が天皇陛下に「直訴」した件が天皇陛下を政治的に用いた事が却って彼の命取りになるのではなかろうか。山本太郎は「懲罰」は「懲罰」でも極左によるテロ攻撃という名の「懲罰」を受ける可能性が高いとと思わ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/02 22:47
山本太郎 天皇陛下に「直訴」の問題点
山本太郎が秋の園遊会で天皇陛下に手紙を手渡した件で彼は 「政府主催のイベントで、天皇陛下万歳という言葉を使うこと自体が政治利用」と反論しています。 また彼が天皇陛下に対して行った件を見ると様々な問題点が浮かんできました・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/01 21:51

トップへ | みんなの「天皇・皇室」ブログ

てかまる日誌 天皇・皇室のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる