アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「北朝鮮」のブログ記事

みんなの「北朝鮮」ブログ

タイトル 日 時
北鮮軍(朝鮮人民軍)を決して過小評価してはならない
私見だが北鮮は朝鮮戦争再開時、米韓で「仲間割れ」を意図的に行おうとしていると感じました・・・また北鮮が米韓両軍で用いられている兵器や装備を買えることや、北鮮のゲリラコマンド戦能力は高いことを鑑みれば、北鮮軍(朝鮮人民軍)を決して過小評価すべきではないと感じました。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/20 20:59
金正恩の残虐さを阻止せよ!
北鮮の最高指導者金正恩の異母兄である金正男の子息とされる人物がユーチューブで、「私の父は数日前に殺された」と主張しました。 また金正男の子息や妻は安全な場所に保護されていますが、正恩側がいかなる形であっても見つけ出し、葬る危険性があると感じました。 正男の子息だけでなく、他の親族も殺害される危険性が高く、そのことは正恩がたとえ親族であっても危険視し、葬り去る残虐さを持っていると感じました。 このまま黙って息を潜めるがごとく生き続けるならば、一層のこと国内外の反政府組織と連携、またはア... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/08 20:07
拉致被害者奪還には国際法上「認定」の自衛隊行使を
山繁晴氏は「自衛隊で拉致被害者を救出する作戦は戦争ではなく、国際法上でも認められる正当な活動であり、これを北朝鮮に示すことで、北朝鮮は交渉のテーブルにつく」と述べましたが北鮮が交渉につくはずがなく、むしろ「金くれ」「金くれ」と求めるばかりで、まったく拉致被害者を返そうという意志がないと思われます。 そのため我が国は国際法上でも認められる、自衛隊による拉致被害者救出を断行すべきではなかろうかと感じました。たとえこの実行には「憲法違反」「北との対話放棄」という声が出てくると思われますが、国際法上... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/23 04:02
有能な金正男に国を乗っ取られるのを恐れたのでは?
北鮮の最高指導者であった金正日総書記の長男、金正男が女性工作員に殺されたのは、有能な金正男に北鮮の支配者の地位をを奪われるのを恐れたのではなかろうかと感じました。 なぜなら金正男は有能であり、父親の正日に「父上、あんな野蛮な弟に後継者の資格があるのですか」と質問したと言われています。また北鮮内部でクーデター起こった際、軍部が一番大義名分納得できる神輿として、正男が軍部の傀儡として利用できる存在であったと言われています。 更に正男の性格は北鮮の支配層の中にしてはまともで、最も開明派で知的に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/15 21:54
149 ぼかしとカットG北朝鮮問題
更新が遅れに遅れてしまいました。誠に申し訳ありません。 先般、概略説明いたしましたとおり、7月中には遺稿記事の整理を終了し、新規余命時事の運営については再度サポーター共々検討という予定でした。ぼかしとカット北朝鮮題についての遺稿記事とメモについては、全開示をもってすでに脱稿していたのですが、最終チェックの段階において危惧が生じ、処理に時間がかかったのです。  この北朝鮮問題については、遺稿資料を全提示しての放談会だったのですが、その時点でも問題は指摘されておりました。 1.中国軍事委... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/25 05:58
148 ぼかしとカットF朝鮮戦争
余命.... ぼかしとカットF朝鮮戦争です。 朝鮮半島情勢を理解するには朝鮮戦争の知識は欠かせません。しかしこの戦争は米中露の利害関係と、自由主義、共産主義が絡み合い、結果として、不可解な介入と不思議な休戦協定で現在に至っています。当時と現在とではあらゆる状況が変わっているにもかかわらず、その形は全く同じです。このあと中国軍事委員会関連からの北朝鮮問題に入りますが、とりあえずランダムで結構です。まず第二次朝鮮戦争はありやなしやからAさんお願いいたします。 A.... お手元の資料... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/23 06:07
朝鮮総連は海外戦闘部隊
朝鮮総連は海外戦闘部隊 緑虫太郎 朝鮮総連は海外戦闘部隊 まったく驚くほかはありませんね。 自分らで「ウリたちは海外戦闘部隊」と認めてますよ。 「朝鮮大学校生は戦士」であり、敵対勢力と戦闘を展開中、とまで自分で言ってます。 自分たちで認めているのですから、外患罪適用100%ですね。 法治国家がこれを見過ごすことは不可能です。 加担する日本人も全員外患罪で死刑ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/10 16:49
せっかく北朝鮮の水害からの支援を行っても
せっかく北鮮の水害から民衆を救うため、ユニセフはじめ国際機関や世界各国が支援を行っても、国民、被災者には届かず、「戦争準備」として国家に押収され、韓国への「侵攻準備」として使われるおそれがあると感じました・・・ 北鮮の被災者の援助には空路、つまり輸送機を用いて、被災地へ空中からゲリラ的に直接送る方法しかないと感じました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/08 17:58
SLBM実験を諦め、すごすご帰る北朝鮮潜水艦
潜水艦からの大陸間弾道弾発射実験は ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/09 05:17
金正恩が痛風とは・・・
金正恩が痛風にかかっていることを知って、この年で痛風になるとはよほどの不摂生だなと感じましたが、おそらく料理人が正恩に遠慮して「健康」のことを考えるよりも満足させることを考えた結果何だなと感じました。 また金正恩が痛風であるのにもかかわらず、外国人医師を北朝鮮に呼び寄せて治療させることを知って国家指導者の治療さえ北朝鮮の医療レベルは最低だなと思い、彼の寿命ももう長くはないなと感じました。 金正恩がこの世を去った際、同族同志で後継者争いが起き、北朝鮮に混乱が起こるのではないかと感じました・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/28 04:14
徳島県阿南市で拉致問題を考える市民集会が開かれます
開催日時 2014年07月27日(13.30-15.30) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/10 15:13
たとえ拉致被害者が帰ってくる「見込み」があっても
横田滋さん、早紀江さん夫妻と拉致被害者横田めぐみさんの孫のキム・ウンギョン(ヘギョン)さんの面会が先日できたのですが一番の問題は拉致被害者横田めぐみが帰国できない可能性があることです。また他の拉致被害者も同様で、たとえ拉致被害者が帰ってくる「見込み」があっても北朝鮮が我が国との交渉に「金銭の見返り」を行いかねません。仮に北朝鮮との交渉の結果多額の金銭を用いて拉致被害者を帰してもらっても国際社会からは非難と嘲笑の反応が出てくると思われますし、良識派からは「屈辱」すら感じかねず、交渉の結果次第では総... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/17 08:56
安部総理の靖国参拝が中韓の「政治的障害」ってなんざんしょ?
安部総理が靖国参拝した件で、新華社通信が「中国、韓国との関係に影落とす」と報じ、韓国政府も外交ルートで安部総理の靖国参拝に強く抗議したのですが、安部総理の靖国参拝が中韓の「重大な政治的障害に」なるのは中国・支那や韓国が我が国を「属国化」したいという願望があるのではなかろうか、また中国・支那や韓国共に「反日」で国内を統一したいがための言い草ではなかろうかと感じました。 ただ、中国・支那や韓国の現状を見ると中国・支那や朝鮮と仲良くなっても我が国にはいいことないのでむしろ両国との関係は「冷えきったま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/26 19:33
「金正恩独裁」移行によって
北朝鮮の政権与党の機関紙「労働新聞」は張成沢を国防副委員長など全役職から解任した政治局拡大会議(8日)についての社説「唯一指導体系を確立すべきだ」として「金正恩独裁」移行を示唆しました。 だがその独裁によって張氏が消極的な態度を取った非生産的な事業に再び力を注ぐことによって立ち遅れた北朝鮮の諸産業が低迷し、国民生活の困窮に拍車をかけると思われます。 また金正恩独裁体制によって党幹部の粛清が加速しそれに巻き込まれるものが多数出てくると思います。 ただ金正恩独裁体制がいくら強化されたからといっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/12 10:57
北朝鮮が「恐怖政治」を進めている間に
北朝鮮・金正恩が「恐怖政治」を進めている間に中共政権の一部の勢力が北朝鮮の「属国化」を図りそれに向かって進みつつあることを日韓両国は認識できないのでしょうか。また、北朝鮮を祖国としている在日朝鮮人たちも我が国でぬくぬくと暮らしている間に自らの祖国が中共政権に占領されるのを見てみぬふりを続けるのでしょうか?たとえこのような形で北朝鮮・金王朝が崩壊しても北朝鮮は決して幸せにならないと感じました・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/07 18:28

トップへ | みんなの「北朝鮮」ブログ

てかまる日誌 北朝鮮のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる